定光寺で「ドコモの森」を見つけた

大洞峠に謎の小道を発見

いつも走って歩いて楽しませもらってる定光寺のトレイルで、ふと気になる小道がありました。

高根山と山星山の間にあるたいこうはし

高根山と山星山の間にあるたいこうはし

定光寺から瀬戸へと向かうコースで、高根山と山星山の間にある陸橋「たいこうはし」を渡り大洞峠の急坂を上りきります。

定光寺から尾張瀬戸のトレイル25km走ってみた

2017.08.30

大洞峠を上ると小道があります

上りきったところの右手に、よくある鉄塔作業用にしてはきれいに整備された小道ができてたのです。道幅も広く、大きな木を切り倒した形跡もあって気になったので通ってみました。

整備された小道を進む

100mくらいと進むと、「ドコモ定光寺の森」という看板が立ってました。

ドコモ定光寺の森の看板

ドコモ定光寺の森だそうです。

ドコモを示す部分が上から継ぎはぎされているので、元は別の企業の名前が書かれていたと思われます。いや、一番大きな文字「ドコモ定光寺の森」は継ぎはぎされてないので最初からドコモだったのか。

さらに50mくらい進むと、広場のように開けた場所の真ん中にポツンと一本、比較的新しい案内が立ってました。

ドコモ定光寺の森入り口と書かれた案内

入り口を示しています

「入り口」を示していますが、周りには来た道以外の道は見当たらず。いったいどこへ入っていくやらさっぱり分からないまま撤収となりました。

ドコモが森林整備活動をしているそうです

「ドコモ定光寺の森」とは一体なんなのか? 調べてみました。

ドコモ東海は、定光寺の他に岐阜の土岐、いなべの桜番所、浜松の天竜で自然環境保護活動の一環として森林整備をしているそうです。

「ドコモの森」は、ドコモの自然環境保護活動の一環として1999年から森林整備活動を行っている森で、全国で50箇所に開設しております。東海地域では愛知県、岐阜県、三重県、静岡県の4県に1箇所ずつ設置し、毎年ドコモ社員による森林整備活動を実施しています。

ドコモHPから

「ドコモ」だけに、高所にアンテナでも建ててその周りを公園化するのかと思っていました。

ドコモ定光寺の森は、2005年11月19日に開設されて以降、2017年秋までに17回の整備活動が行われているとのことで、東海自然歩道からきれいな小道ができてる理由も納得できました。

トレイルが伸びてる予感

17回も整備活動をしているのなら、「入り口」の案内からまだまだきれいなトレイルが伸びてる予感がします。

夏の間に雑草が生えてトレイルの入り口が分からなくなった可能性があるので、探って新しいトレイルを見つけ出すと楽しくなりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です