【オプティムアイS5】ブラジャーでケガ予防

サッカー男子日本代表もブラジャー

中日新聞を読んでたら、ちょっと気になる記事を見つけました。2017年11月26日付、お硬い記事が載ってて読み飛ばすことも多い3面です。

目が釘付けになったのは、男たちのブラジャー姿の写真でした。

要約すると、最新の科学技術を応用していろんなスポーツで競技力向上が図られているというお話です。

最新の機器で競技力アップを図る11月26日付の中日新聞3面。

政治が載るページにブラジャー姿が

ブラジャー姿の男たちというのは、サッカー日本代表が試合中の心拍数、移動距離、スピードを測るために機器のついたインナーを着てプレーしていたというものです。サッカープレミアリーグで2015-16年に奇跡の優勝を果たしたレスターでも使われていたそうです。

「心拍数と移動距離、スピードを測るのなら、ランニングにも使えるんじぇね」とランニングジャンキーのこまっちは安直に考えたわけですよ。

サッカー日本代表が使ってたのは、オーストラリアのスポーツ機器会社「カタパルト」の「オプティムアイS5」という機器だそうです。

ケガが少ないチームが勝つ

オプティムアイS5は普段の練習から装着して、運動強度のデータを蓄積してケガを予防するというのが一番の使い道だそうです。

なるほど、優勝したレスターの主力に離脱者がいなかったのは、オプティムアイS5のおかげだったんですね。

調べてみると、運動強度、走行距離によって膝や足首、腰など体のパーツにかかる負荷が変わってくるんだって。

オプティムアイS5を着けて分析すると「こいつはスプリントが多かったら、太もものケアをしっかりやらせよう」とか「長い距離走るボランチには膝のケアが必要」とかが分かってくるそうです。

基本的にスポーツは、ケガが少ないチームが強いです。どんなにすごい選手でもケガで出られなければ意味はありませんからね。

1セット44万円+6万円

カタパルト製品を扱っている株式会社フォーアシストのHPで調べてみました。

GPS、加速度センサ、ジャイロ、地磁気、心拍などなんと2000項目を一括計測するシステムで、お値段は1台税別44万円、ライセンス料が1年税別6万円。レンタルだとライセンス料込みで年間18万円となっています。

5年以上使うなら買取の方がお得という計算です。サッカー1チームだと30台くらい必要だから、買取だと1500万円でレンタルだと524万円ということになります。このお値段が高いか安いかは、シーズン終わると分かるということでしょう。

サッカー専用っぽいので、サッカーグラウンドのランニング限定で使える超高性能デバイス44万円。お金に余裕があってケガを防止したい方はいかがでしょうか。

ちなみに測れる項目は少ないですが、ランナーに人気のガーミンのフォアアスリート935は税別定価5万7800円となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です