ザムストのサポーター「RK-1」で膝痛を治す

膝の痛みに悩まされている、あなたのために!

いつもニコニコ全力疾走、こまっちです!

高校生のときから30年近く苦しめられてきた膝の痛みと別れを告げるため、買ってきました。

ザムストのランニング向け膝用サポーター「RK-1」です。

「ランニング向けサポーター」とは、つまり膝痛に悩むランナーである、あなたのためのサポーターと言えます。

僕の膝痛がおさまるなら、あなたの膝痛も必ずよくなる。そういう思いで書いています。

RK-1がランニング向けを名乗る理由とは何なのか、着けてみたらどうなったのかを紹介します。

膝外側についたストラップが他とは違う

実物を見ると他のサポーターとの違いは一目瞭然です。

ザムストRK-1

社名の「ZAMST」が刻まれた内旋制限ストラップが存在を主張してます。

「内旋制限ストラップ」というものが膝外側に配置されています。

ヒザ下のアンカーパッドと、下腿をらせん状に引き上げる内旋制限ストラップで、ヒザ外側への負担につながる下腿の内旋(内側へのねじれ)を制限します。(使用説明書から)

膝は構造上、横方向とねじれの動きにはとても弱くなっています。

少しぐらいなら、膝はねじれにも耐えられますが、長い時間おかしなフォームで走ってねじられ続けると悲鳴をあげるわけです。しかも、何十年もねじられたら痛みのひとつやふたつ出たって何の不思議もありません。

一番の問題点は、膝がねじれるフォームにあります。ですが、ここはとりあえずサポーターの力を借りて痛みを取り除いてみましょう。

膝の外側からガチっと固めてくれます

膝全体をなんとなく固める普通のサポーターとは違って、内旋制限ストラップのおかげでピンポイントで痛む箇所を安定してくれます。

RK-1を着けてみた

上下2本のストラップでしっかり固めてくれる

着けた最初は、動きが制限されてロボットみたいにカクカクとした動きに。

しかし、時間がたつと動きにくさはなくなり、痛みにつながるブレやねじれといった不要な動きだけが抑えられる感覚があります。

ヒザの左右のグラつきを抑制しながら、曲げ伸ばしをスムーズに行えるように設計した、独自のアクティブ樹脂ステーを採用、ヒザへの負担を軽減します。(使用説明書から)

膝の横、左右側についた棒状のパーツが「アクティブ樹脂ステー」です。

RK-1のステー

左右に配置されたステーがグラつきを抑える

ステーの効果は、椅子から立ち上がる動作のときに分かります。

普段は、痛みが走らないように、ゆっくり3秒くらい時間をかけて立ち上がっています。

ところが、RK-1を着けていると膝が左右にグラつかない効果で、椅子から立ち上がるとき痛みはまったくでてきませんでした。

もう、うれしくなってきましたよ。

実際に歩いてみると不思議というか、当たり前というべきか、痛みはでてきません。

1万歩を歩いても、サポーターの装着痛は出ず

まだまだクソ暑いので、ランニングは自重しています。

そこで、1万歩ウオーキングして、装着痛がでないのか試してみました。

装着痛とは、本来の痛みとは異なり、サポーターによる締め付けの痛さという意味。今、こまっちが作った言葉です。

ヒザ裏を含めた本体に、薄く、通気性のよい素材を使用。ランニング中もかさばらず、ムレにくく快適な装着感を実現します。(使用説明書から)

締め付けて固定する部分、サポータの上下のストラップが当たる皮膚は、シワになってあとがくっきりとでてきます。

締め付けてるから座っているときなどジッとしてると違和感はあります。痛みというほどでもなく、動き出せば気にならなくなる程度の違和感です。

サポーターですからね、しょうがないというか、それくらいは、我慢しましょう。

座ってるときとか、動かないときは、ストラップをゆるめておくといいです。動き出す前に締めれば、違和感は少なくなります。

「ムレにくい」というのは本当で、ふくらはぎにツツツツーと汗がたれてくることは、一度もありませんでした。

装着感という部分においては、他のサポーターよりも一歩先行っていますね。

膝痛を治しますか?痛いままにしときますか?

とりあえず、RK-1を着けてる間は、膝痛から開放されることが分かりました。

定価の税込み3564円が書かれたタグ

定価です。

最初にネットで値段を調べときゃいいのに、名駅のオッシュマンズで定価の税込み3564円で買ってしまいました。ちなみに、オッシュマンズはかっこいいお店なので、「定価でもいいかな」って思わせちゃいます。

アマゾンなら8月2日現在で税込み2636円です。

3000円弱で膝痛がやわらぐなら、これ以上安い買い物はないでしょう。

さぁ、あなたも買っとけ。膝の痛みのない清浄な世界に、僕と一緒に行こうぜ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です