君は「時を止めた男」マルコ・オルモを知ってるか?

いつもニコニコ全力疾走、こまっちです!

君は「時を止めた男」マルコ・オルモを知ってるか?

2006年、58歳でトレイルランニングの世界選手権と言われるモンブラン1周100マイルレースUTMB(ウルトラ・トレイル・デュ・モンブラン)優勝。59歳となった翌年も優勝し、史上初めてUTMBを連覇した伝説のランナーです。

オルモは、1948年10月8日イタリア北部ピエモンテ州のフランス国境に近い山の街ロビランテで生まれ育ちました。身長は181センチ、体重66キロ。

貧しい生まれのオルモは、20歳で学校を出たのち、近隣の人たちと同じように農家として働き始め、トラックの運転手も経験。住んでいた家が採石工場のBuzzi Unicem社の手に渡ってしまい、作業員として採石場で働くことに。

すみかを追われ、採石場の重機を運転するだけ、ただひたすら貧しい日々。

“In my life I’m a loser.I run for revenge,I run to vengeance”

「自分自身に復讐するため」始めたのがランニングでした。ほとんどの人が本格的なスポーツから遠ざかっていく40歳のころです。

人生は変えられる。そう、ランニングならね

他の作業員が朝6時に起きるところをオルモは、5時か5時半に起床しランニング。採石場に向かうバスに乗っても途中で降り、他の作業員が「まるでリスのように」感じるほど軽快な足どりを見せます。

オルモのFaceBook画像

オルモのFaceBookから。今でもお元気そうです。

37歳から肉は食べず、同僚と食事を共にすることもなく、心の自由を求めて走り続ける日々。足にはくたびれたミズノのシューズ。ウエアもよれよれ。コースも斧を持ってトレイルに分け入り、自分で整備していました。もちろん、コーチなんているはずがありません。

いつしかレースに出始めると、普段のトレーニングのおかげで、勝利するのはそれほど難しくないことに気づきます。

オルモの画像を探してみると、レースのゼッケン番号はどれも「1」。前年優勝者の証しですね。つまり、勝ち続けていたわけです。

そして、オルモの地元でもあるモンブランで開催されたUTMBを連覇し、ついたあだ名が「時を止めた男」なのです。

マルコ・オルモのDVD

マルコ・オルモの伝説に触れられるDVD

このDVDにオルモの人となりが語られています。伝説の男を扱っているのに、切ないくらい淡々とです。オルモが僕と同じ普通の人間だということを強調したいのでしょう。

イタリア語に英語字幕がついてます。別に英語が分からなくても大丈夫。雰囲気だけでも十分楽しめます。

きらびやかな若きエリートランナーたちを、努力と経験で圧倒するかっこよさ。

あなたにも伝説を味わってほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です