アイデアを逃すな!ランニング中に使えるメモ帳とは

いつもニコニコ全力疾走、こまっちです!

走ってると、アイデアが次から次へと湧いて出てくることってよくありますよね。
そして、走り終えると、きれいさっぱり思い出せないってことも。

それはね、アイデアの女神はランニングの神と付き合ってるからだよ。ランニングを終えると、アイデアの女神も一緒にどっかいっちゃうの。

アイデアの女神が降りてきたら、すぐにぶちこんでやらんと(メモ帳に)もう二度と思い出せません。

ランニング中の汗だくだくでも使えるメモ帳の3条件

ネットで調べたみたら、プロジェクト耐水メモ、LIFEアウトドアメモ、測量野帳ブライトカラー、ハイモジモジTAGGEDの4つが代表的な耐水メモだと分かりました。

ランニングメモ帳で一番大切なことは、なんといっても耐水性があること。せっかくアイデアをメモったのに消えたら意味がないですからね。

二つめは持ち運びしやすいこと。ポケットから出して入れるという動きを考えると、スリムで角が丸いものが使いやすいです。

三つめは書きやすいこと。実際に書いてみないと分からんです。ペン先がひっかかったりすべったりしてイライラした瞬間、アイデアの女神は帰っちゃいますからね。

そんなこんなで、4つのメモ帳を調べた結果をまとめてみました。

プロジェクト耐水メモ

  • 価格:480円
  • 大きさ:73×118mm
  • 枚数:40枚
  • 柄:5mm方眼

パルプの繊維で作った普通の紙ではなく、プラスチックの一種であるポリプロピレンから作られた「ニューユポFGS」という紙が使われています。

ポリプロピレンは、車のバンパーや弁当箱などにも使われてる頑丈で100%防水の素材です。

公式HPによれば「筆記具次第でほぼどんな環境でも書くことが可能。水中など過酷な条件でも十分役立ちます」とあります。水にぬれても書くことができる鉛筆・シャープペンが最適だそうです。

5mm方眼なので、ちょっとした物の大きさを測るときに便利かも。

LIFE アウトドアメモ A7

  • 価格:380円
  • 大きさ:74×105mm
  • 枚数:40枚
  • 柄:無地

コイツも同じくポリプロピレン製のユポ紙を使っています。

公式HPにはさしたる情報もないので、使ってみるまでは何も分かりそうにありませんね。

測量野帳 <ブライトカラー>

  • 価格:530円
  • 大きさ:94×166×7mm
  • 枚数:30枚
  • 柄:レベル(測量用の升目)

測量野帳は、測量士が野外で仕事に使うために作られたノートです。ガチな生まれですね。

コイツだけ他と違い、上部分を留めるメモ型じゃなくて、横部分を留めるノート型になってます。

ノート型がランニング中の使い勝手にどんな影響を及ぼすかが楽しみなところ。

公式HPによると、紙は合成紙とあります。たぶん、ポリプロピレンと思われます。こちらも、あまり情報がないので使ってみないと分かりません。

ハイモジモジTAGGED

  • 価格:アマゾンで529円
  • 大きさ:67 ×112×11mm
  • 枚数:100枚
  • 柄:横罫7mm

ハイモジモジは初めて聞くメーカーですね。新進気鋭のメーカーだけあって、メモ帳のデザインもとがってます。公式HPによると、中央がくびれているのは、持ちやすいようになってるそうです。

落っことしやすいランニング中は、持ちやすさがすべてです。デザイン的に面白いメモ帳なので、まだ手に入れてないのに、早くも心が動いております。

紙は耐洗紙だそうです。これまた、聞いたことのない紙で。「耐水性に優れ、汗や水に強い」と書いてあるから問題ないでしょう。

紙の枚数100枚というのは、コスパ的にナンバーワンと言えます。ただ、ランニングで激しく使ってボロボロになったときに最後まで使い切れないのでは?という不安もあるわけです。

※値段はすべて2017年8月13日現在

使ってみないと分からんね

気になるランニング用メモ帳4つをピックアップして脳内だけで検討してみました。

使ってみないと分からんというのが結論。コイツらを手に入れるべく、名古屋の繁華街・栄へと繰り出したわけです。東急ハンズ、ロフト、パルコと大きな文具店があるところを片っ端に回ってみたけど…

ひとつかふたつは置いてあっても、全部いっぺんに比べてみることはできませんでした。

汗だくの中、メモしようという人は世の中にそうそういるわけないよね。やっぱり。

というわけで、アマゾンをポチっと。近々届くので、4つのメモ帳の使用感を報告いたします!誰得の企画か分かりませんが、まだまだ続きますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です