どんぐりの里いなぶはトレラン前線基地に使える

いつもニコニコ全力疾走、こまっちです!

名古屋の街中から猿投グリーンロードを通って、東へひたすら進むこと1時間40分。ある密名を帯びてやって来ました、どんぐりの里いなぶへ。

夏の終わりの入道雲が立つどんぐりの里いなぶ

山の開放感で気持ちいいです

どんぐりの里いなぶとは、愛知県豊田市稲武地区にある道の駅です。そばやウインナー、くりこ焼き、超安の地の野菜、温泉などがあって、わざわざここに足を運ぶ人が大勢いる奥三河では人気の道の駅なんです。

宝の山ハイキングガイド見っけ

いなぶ軽登山・ハイキングガイドの表紙

どんぐりの里でゲットした秘伝の書

密名とはこれだ。

見~~つけた!

いなぶ観光協会が発行した「いなぶ軽登山・ハイキングガイド」ゲットです!

道の駅とかに置いてあるガイドブックって、地元の人が編集した地元の人しかしらない地元の愛が詰まったハイキングコースが紹介されてるんですよ。

稲武のトレイル走りたかったから、あって良かった~!いなぶ観光協会さんありがとう!!

トレイル探しはしんどいのです

トレイルを開拓するのは結構、命がけなんですよ。

入り口が手入れされてなくて周りのやぶと見分けがつかないことが多いし、どこに出るか分からないし、私有地で入ってはいけない場合もあるしで、知らないトレイルに突撃かけるのはリスクだらけ。

結局走りにor歩きに行くのは東海自然歩道ばかりということになってしまいます。

定光寺から尾張瀬戸のトレイル25km走ってみた

2017.08.30

そんなこんなで、地元の人が作ったガイドがあれば安心して奥に分け入ることができるってわけです。

PCで地図サイトを画面コピーして上からペイントソフトでルートをなぞって作ったような手作り感あふれるガイドブック。

表紙も合わせれば全20ページのガイドブックというよりも手作り小冊子というべきか。

夏焼城ケ山のコース

どんぐりの里いなぶ発着できそうなハイキングコース

面ノ木原生林も紹介されています

面ノ木で走ってみたかった

実際に歩いたことがあるという以上の地元のよく知ってる人が作ってるので、指示も具体的になってます。

ただし、かなりざっくりザクザクとした地図なので、もっと詳しい地図をプラスして持っていくとリスクは減りそう。もちろんコンパスも忘れずに。

奥三河パワートレイルのコースでもある面ノ木も紹介されています。風力発電所の脇を通る高台の気持ちいいコースですね。

レースとは関係なしに一度走ってみたかったんで、ガイドブック見ながら今からワクワクですよ。天狗伝説の小ネタも書かれていて読んでるとためになります。

温泉装備で前線基地になるポテンシャル

どんぐりの湯の看板

どんぐりの湯で汗を落としてから帰れます

どんぐりの里いなぶには、どんぐりの湯というスーパー銭湯みたいな温泉が併設されています。木曜定休なのでご注意を。

ということは、トレラン頑張った後にすぐ汗を落とせてスッキリできるじゃん。トイレも清潔なシャワートイレでした。

飯食うところもあり、なんなら地の野菜をお土産に買って帰れば、家族も喜ぶといたれりつくせりです。

ガイドブックの裏表紙を見ると…

ガイドブックの裏表紙

トレラン後にはどんぐりの里に立ち寄ることが推奨されています

どんぐりの里に立ち寄って遊んでいってほしいことが書かれています。もちろん、たっぷり使わせていただきますよ。

ナス、おくら、ししとう全部で350円

激安な野菜

巨大なナス、ピーマンみたいなししとう、真っ赤なおくらをおみやげに買ってきました。全部で350円。ベーコンと一緒に炒めて今夜の宴に。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です