【全日本大学駅伝】電車で観戦ガイド

【スタート地点】熱田神宮


朝は日の出とともに熱田神宮に行き、参拝を終えた後スタート地点へ。沿道は応援団でぎっしりなので応援を楽しみつつ、エースが揃う1区の選手の入りを見守りましょう。

08:05の号砲を見てから、徒歩10分の距離にある名鉄・神宮前駅へ。JRではなく名鉄を選ぶ理由は、名鉄のがJRより後で乗る近鉄の駅に近いからです。

◎神宮前→名鉄名古屋
08:25発→08:33着
【名鉄名古屋本線・佐屋行】

◎近鉄名古屋→近鉄四日市
08:41発→09:14着
【近鉄名古屋線急行・松坂行】

◎近鉄四日市→海山道
09:21発→09:24着
【近鉄名古屋線・津新町行】

■料金850円

【第3中継所】近鉄・海山道駅から徒歩10分


第1、第2中継所はいきなりパス。この2つの中継所は駅から遠いので間に合いません。ラジオで戦況を確認しつつ、第3中継所のある近鉄・海山道駅に向かいます。

海山道駅到着は09:24。海山道駅から徒歩10分離れた山九㈱の倉庫が第3中継所です。
トップ通過予定時刻は09:55なので30分近い余裕が見込まれます。

ここでは10:10まで観戦OK。トップ通過から15分までの余裕があります。時間が来たら駅へダッシュだ。

◎海山道→白子
10:25発→10:47着
【近鉄名古屋線・津新町行】

◎白子→津
10:51発→10:59着
【近鉄名古屋線特急・賢島行】

■料金1000円

【第5中継所】近鉄・津駅から徒歩10分


第4中継所は間に合わないのでパス。第5中継所のある津駅へと向かいます。

津駅に10:59に到着したら、中継所のある焼肉きんぐ津上浜店へとダッシュです。トップ通過予定時刻は11:11。時間はわずか12分しかありません。徒歩10分の距離なので走れば7分くらいで到着できます。なんとか間に合うはずです。

電車の中でアップしておくといいでしょう。シューズはもちろん走れるやつで。

ここでは、トップ通過20分後の11:30くらいまで観戦できます。

◎津→松坂
11:47発→12:08着
【近鉄名古屋線急行・松坂行】

◎松坂→五十鈴川
12:15発→12:35着
【近鉄山田線急行・五十鈴川行】

◎五十鈴川駅前→内宮前
12:45発→12:51着
【三重交通・内宮前行】

■料金930円

【ゴール】三重交通バス内宮前


宇治橋前の大鳥居がゴール地点です。電車で行けば4地点で観戦できることが分かりました。

ここまで片道2780円。家でテレビ観戦してれば寝転びながら楽しめるのに、わざわざお金と時間をかけて電車で行くのかというのは理由があるんです。

それは、おいしい伊勢の地酒を楽しめるから。駅伝観戦したら食べ歩きして楽しむぜ!!

【2017全日本大学駅伝】超シンプル順位予想

2017.10.17

追伸:実際に現地観戦してきました。いろいろ分かったので改訂版を書きました。

【全日本大学駅伝】電車で観戦ガイド改訂版

2017.11.07

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です